Top >  債務関連読本 >  金融機関の不良債権償却必携―私的整理ガイドライン・債務株式化などに基づく最新の全償却実務を収載

金融機関の不良債権償却必携―私的整理ガイドライン・債務株式化などに基づく最新の全償却実務を収載

金融機関の不良債権償却必携―私的整理ガイドライン・債務株式化などに基づく最新の全償却実務を収載
新日本監査法人
金融機関の不良債権償却必携―私的整理ガイドライン・債務株式化などに基づく最新の全償却実務を収載
定価: ¥ 3,570
販売価格:
人気ランキング: 361615位
おすすめ度:
発売日: 2002-03
発売元: BSIエデュケーション
発送可能時期:
金融機関の不良債権償却必携―私的整理ガイドライン・債務株式化などに基づく最新の全償却実務を収載の詳細を見る

金融機関の不良債権償却必携―私的整理ガイドライン・債務株式化などに基づく最新の全償却実務を収載は、大変わかりやすくまとめられています。文章は結構見やすくて、スラスラ読めました。

この本の内容を実践していただければ、本物だということが実感いただけると思います。
金融機関の不良債権償却必携―私的整理ガイドライン・債務株式化などに基づく最新の全償却実務を収載は、健康を願うすべて人が、今すぐ読むべき本といえるでしょう。

この本は読んでいて抵抗なくスンナリ入ってきます。
この本は教科書として、購入し、頻繁に読み返しております。
金融機関の不良債権償却必携―私的整理ガイドライン・債務株式化などに基づく最新の全償却実務を収載は、本の値段以上の価値があると思います。

金融機関の不良債権償却必携―私的整理ガイドライン・債務株式化などに基づく最新の全償却実務を収載は、 しかし、読みすすめていくうちに、思わずハッとさせられます。

この本を読んでいて、これは正しいと思っていたいくつものことが、間違いであったことを認識させられました。
金融機関の不良債権償却必携―私的整理ガイドライン・債務株式化などに基づく最新の全償却実務を収載の記述内容を生活の中に取り入れると変化を感じると思います。
人生を変えたくなったら、是非、金融機関の不良債権償却必携―私的整理ガイドライン・債務株式化などに基づく最新の全償却実務を収載を手にとってください。 初心者に分かりやすい本です。一読をオススメします。

金融機関のモノには必要不可欠!
銀行の決算は金融検査マニュアルの改訂が進む中、どんどん複雑になっている。その中で本書は、法人税法施行規則等償却作業だけでなく、期中発生した倒産・民事再生・破産等の取引先に対して有税・無税の償却をどのようにどの法律に基づいて実施すべきかを詳細に盛り込んでいる。IV分類部分直接償却のようなオン・オフの中間のような償却の形態にも言及していて打てば響く内容になっている。
また、貸倒引当金についても、一般貸倒引当金と個別貸倒引当金の違いや分類債権ごとの対応、そしてその税法上の自己資本への取り組みにも言及している。また、ダイエーなどで実施された債務の株式化にも触れられている。
まさに、金融機関にとって必要不可欠。教科書と言える存在で推薦したい。

金融機関の不良債権償却必携―私的整理ガイドライン・債務株式化などに基づく最新の全償却実務を収載の詳細を見る

 <  前の記事 私、多重債務者でした―7人の蘇った人々 マニュアルじゃわからない特定調停の実態  |  トップページ  |  次の記事 政策公共圏と負担の社会学―ごみ処理・債務・新幹線建設を素材として  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/5325

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

債務整理関連読本イメージ

カテゴリー

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。