Top >  債務関連読本 >  デフォルト[債務不履行]

デフォルト[債務不履行]

デフォルト[債務不履行]
相場 英雄
デフォルト[債務不履行]
定価: ¥ 1,680
販売価格: ¥ 1,680
人気ランキング: 263361位
おすすめ度:
発売日: 2005-10-07
発売元: ダイヤモンド社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
デフォルト[債務不履行]の詳細を見る

昔は全然本とか読まない人だった私ですが、最近ようやく読書の楽しみがわかってきたような気がします。ジャンルは特に気にしないで色んな本を読んでますね。今読んでいるのは「デフォルト[債務不履行]」。

本ってオモシロイですよね。「デフォルト[債務不履行]」みたいに、特に今の自分と関係ないジャンルの本でも「へぇ~~」って新たな気付きが得られたりして^^!

そう言えば兄が、この「デフォルト[債務不履行]」を読み終わったら貸して欲しいって言ってたけど、こーゆうの興味あるのか~~とチョット複雑な気分です。ま、いいけど・・・。

スキームは面白いけど。
スキーム自体は面白い発想だが、縦横無尽の活躍をみせるハッカー等は少し都合が良すぎか。また古いロックが好きで、使えない記者が嫌いな人ははまることができるが、そうでない人はそうした描写に感情移入できないかもしれない。

今こそ読まれるべき作品です
ゼロ金利政策解除が始まりましたが、その直前の日銀総裁による「究極のインサイダー取引」とも言うべく利殖行為は、
いつの間にかウヤムヤになろうとしています。冗談じゃない!と、はらわた煮えくりかえる思いを抱きながら古書店で出
会ったのが本書でした。
あまりのタイムリーな出会いに驚いています。今こそ読まれるべき良書です。
キャストの揃い方があまりにもご都合主義的な点は気になりますが、組織を持たない個人が、とてつもない権力を相手
に負けない戦いを挑むためには「現実に必要な配役」だろうと納得。
欲を言えば、もう少し全体に肉付けをして、上下二巻構成くらいのボリュームがあったほうが良かったのではと悔やまれます。
とにかく、今こそ旬かと。

現代における経済版“必殺仕事人”
’05年「第2回ダイヤモンド経済小説大賞」大賞受賞作。
このところ経済関係の問題や事犯が、新聞やTVのニュースで世間の耳目を集めていることもあり、小説のフィールドとしては実に現代的でタイムリーな世界である。
加えて最近の経済小説はエンターテインメントとしてのミステリー色、サスペンス色が濃いものが多いように思う。

「不良債権問題が終結したなんてうそだ!」信念を曲げることなく真実をリポートしたエコノミストがいた。しかし日本銀行・財務省・金融庁・大手都市銀行のパワーエリートたちによる腐敗の構造が、彼を閑職に左遷し、職を奪い、ついには死に追いやった。

復讐に立ち上がった同志たちは、ターゲットを金融の要・日銀に定め、内外の信用を失墜させるデフォルト(債務不履行)に追い込むシナリオを描き、実行(オペ)する。

リベンジ側の役者が都合よく揃いすぎの感は否めないものの、著者がさすが経済ジャーナリストだけあって、オペ自体はリアリティーがある。特に、日銀側が期限までにフィリピン・ペソを調達・決済しないとデフォルトしてしまう、そのタイムリミットぎりぎりの両者の攻防のくだりはサスペンスフルで緊迫感にあふれ、思わずどんどんページをめくってしまうほどの最大の読みどころである。

本書は、経済の専門的な知識や仕組み、難解な経済用語などは理解できなくても読める、経済小説の枠組みを超えたエンターテインメントに仕上がっており、いわば現代における経済版“必殺仕事人”ともいえる物語である。

デフォルト[債務不履行]の詳細を見る

 <  前の記事 独逸民法草案理由書〈第2編〉債務関係法(中巻)(1888年第一草案)  |  トップページ  |  次の記事 他人に聞けない自己破産のことがよくわかる本―「Q&A方式で解く疑問・不安」から「正しい破産申立てのやり方」まで 究極の多重債務整理の実践的マニュアル (KOU BUSINESS)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/5301

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

債務整理関連読本イメージ

カテゴリー

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。