Top >  債務整理他 >  激しい取立てを受けたら

激しい取立てを受けたら

業者によってはかなり厳しい取立てに及ぶ場合もあるのです。
その取立て法として、大きな声や乱暴な言葉で脅したり、数人で押しかけて来て、返済するためのお金を何処かで借りて来い、などと詰め寄ったり、長時間居座って借金を返さないなんて人としてどうなのだと、説教をされたりする場合があるのです。
このような行為は「貸金業法」の(取立て行為の規制)で「債権の取立てに当たって、人を威迫し、又は人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない」と禁止されています。
弁護士に債務処理を委任した事を通知したり、調停や破産その他裁判手続きを取ったことの通知をすれば、合法的な貸金業者なら取立てはピタリと止まります。
取立て規制に違反した業者は、6ヶ月以下の懲役、100万円以下の罰金に処せられるとともに監督行政庁より登録取消処分や業務停止処分を受けることになります。
ですから、弁護士に刑事告訴されると困りますので、仮に合法的な貸金業者でなくても取立てを止めることが多いのです。
但し、ヤミ金融となると存在自体が違法であり厄介です。弁護士に警告文を送ってもらう、監督官庁に苦情を申し立てるなどの対処をしましょう。
取立てに対しては、法律的にしっかり規制がされています。
現在違法な取立てを受けている方は身の危険を感じるような脅しがあるようでしたら警察に是非相談して下さい。

 <  前の記事 支払督促制度とは  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/16084

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理 ~借金に苦しまないために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。