Top >  債務整理他 >  支払督促制度とは

支払督促制度とは

借金返済が滞ると、サラ金をはじめとした貸金業者は取立てという行為にでます。
一般的には、差押の強制執行を行なうには時間がかかりますので、裁判を起こす前に債務者が財産を処分することを防ぐため「仮差押」を行なってきます。
また、「支払督促制度」というものがあり、これは、債権者が簡易裁判所の書記官に申立をして、裁判所から債務者へ支払を命じる「支払督促」が送られてきます。
債務者がそれを放置して2週間が経過したら早くて1ヶ月あまりで強制執行が可能になります。
そして差押さえとなりますが、書類によって進められていきますので、落ち着いて対処なさって下さい。
弁護士や多重債務者相談窓口などでアドバイスを受けられると良いと思います。
しかし、業者によってはかなり厳しい取立てに及ぶ場合もあります。
大きな声や乱暴な言葉で脅したり、数人で押しかけて来て、返済するためのお金を何処かで借りて来い、などと詰め寄ったり、長時間居座って借金を返さないなんて人としてどうなのだと、説教をされたりする場合があるのです。

 <  前の記事 貸金業法とは  |  トップページ  |  次の記事 激しい取立てを受けたら  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/16083

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理 ~借金に苦しまないために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。