Top >  債務整理の方法 >  弁護士に自己破産の申し立てを依頼すると

弁護士に自己破産の申し立てを依頼すると

自分で自己破産の申し立てを行う場合は、およそ3・4万円ほどの費用となります。
それは収入印紙代と予納郵券代・そして予納金のみで良いからです。
ただ破産管財人を選任する場合は50万円前後となり、破産宣告と同時に同時廃止する場合は2万円前後が必要となりますので、3・4万の費用となるのです。
ですが、自己破産の申し立てを弁護士に依頼する場合の費用は約20万~40万円の費用がかかります。
着手金だけで20万円かかる場合もあります。
弁護士は専門家ですから仕方ありませんね。
ただ、本人が行う場合は格安で済むのですが、半面手続きや交渉など全て自分で行わなければいけないので、多少の勉強も必要になります。
それほど難しいことではありませんが、法律なども絡んできますので、不安があったり確実に自己破産を行いたい方は弁護士にお願いした方が良いでしょう。
トラブルなどが起きても気軽に相談出来るので安心ですね。
弁護士会で無料相談などを行っていますので利用してみるのも良いでしょう。

 <  前の記事 自己破産の費用とは  |  トップページ  |  次の記事 自己破産の目的とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15887

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理 ~借金に苦しまないために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。