Top >  債務整理の方法 >  自己破産の費用とは

自己破産の費用とは


自己破産を行う際に気になるのが費用。
自己破産をすると言うことは、今現在サラ金などで相当厳しい状況にありますので、その中自己破産に費用がかかってしまうのは困り者です。
費用の目安はおよそ3万円程度。
場合や裁判所によって多少変わってきますが、大きな差はないので3万円と見ていて大丈夫でしょう。
では、その内訳を簡単に見てみましょう。
まずは、収入印紙代。
これは破産申立書に貼るもので600円。
そして予納郵券代。
理法裁判所によってかなりの差があるのですが、およそ8千円~2万円前後。
これは変更される場合があるのでしっかり確認を。
それから予納金ですが、これは場合によってかなり金額が変わってきます。
破産管財人を選任する場合は50万円前後、破産宣告と同時に同時廃止する場合は2万円前後です。
合計でも3万円前後、多くても4万円と考えれば大丈夫でしょう。
ただしこれは本人が自己破産の申し立てをした場合です。

 <  前の記事 自己破産を専門家に依頼すると  |  トップページ  |  次の記事 弁護士に自己破産の申し立てを依頼すると  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15886

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理 ~借金に苦しまないために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。