Top >  債務整理関連 >  紹介屋の手口とは

紹介屋の手口とは

苦しむ多重債務者を、なおカモにする「整理屋」「紹介屋」の典型的な手口を紹介しましょう。
彼らは、ボランティア団体やNPOを装うなど勧誘も巧妙なのです。
広告の段階で彼らを識別するのは難しいことなのです。
広告を見た多重債務者が融資を申し込んできます。
紹介屋はそこで一旦断ります。
「随分借りていますね、これではちょっと無理でしょう。いっそ債務整理をしたらどうですか?」と「提携弁護士」を紹介します。
紹介された弁護士のもとに行くと債務整理をするという方向で話が進み、弁護士事務所へ毎月一定額を振り込むことになります。
弁護士の名前で債務整理開始の通知を各債権者に出します。
これで業者の取立ては止まります。
そして事務所の中で整理屋は忙しく債務整理をしてくれているように見えますが、利息制限法に基づいて再計算などしている訳ではなく、業者の言いなりの額で簡単に分割払いなどの和解をしているのです。
ですから最初から依頼者の支払い能力など無視した金額を支払うよう指示してきます。
当然払える筈も無く、整理屋は依頼者に辞任通知を出し、依頼者を放り出すのです。
「提携弁護士」とは?本職の弁護士ではありますが、高齢か、悪徳弁護士か、訳ありで仕事をすることができない、このような弁護士から整理屋は名義を借りて活動しているようです。
弁護士の名前があっても安心はできないとなると、まずは、公的機関の相談所を尋ねてみるのがいいのかも知れません。

 <  前の記事 貸金業者の取立てとは  |  トップページ  |  次の記事 整理屋の手口とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/16080

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理 ~借金に苦しまないために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。