Top >  債務整理関連 >  夜逃げのデメリットとは

夜逃げのデメリットとは

「夜逃げ」という言葉があります。
言葉のイメージとしては、逃げてしまえば厳しい取り立てからも逃げられるような気がしてしまいますが、これは間違い。
もし逃げてしまっても支払い義務からは逃げられません。
法律的には夜逃げでは借金返済の義務は全く消えないのです。
何より、夜逃げしても問題は何も解決しません。それに、サラ金業者から隠れて逃げ周り、なおかつ新しい生活をするのは至難の業。
住民票、生活費、保険、病院、友達付き合い・・・。
普段は気にしていない事からサラ金業者に見つかってしまいます。
夜逃げは不当に借金から逃げている訳ですから、さらに厳しい追及も覚悟しなくてはいけません。
特に住民票に関しては、仕事をするにも住む場所を決めるにも、学校に通うにも必要です。
どの場合でも提出を求められますが、そうするとサラ金業者はあなたを見つけてしまいます。
病院も同様。健康保険にも住民票が必要です。
このように、夜逃げはデメリットばかりなのです。

 <  前の記事 夜逃げをするより・・・  |  トップページ  |  次の記事 しっかり決着をつけることが必要!  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15888

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理 ~借金に苦しまないために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。