Top >  債務整理とは >  免責とは

免責とは

債務者が極めて支払いが不能であると認められたら、破産宣告決定となり、債権者に配当する財産がない場合は破産に伴う清算手続き終了します。
さらに、1~2ヶ月後、免責審尋が行なわれ裁判所が免責を認めた場合、債権者からの異議がなければ1ヵ月後くらいに免責決定となり、官報に公告されます。
官報に公告されてから2週間で免責確定です。
これで債務者は、全債務から免れることになります。辛い日々でした。
周りの景色も違って見えるのではないでしょうか。
自己破産をするなら、早いほうがいいようです。
周囲に知られないように、返済するため、詐欺にあったり、違法な金融にひっかかったりより深みにはまってしまったり、周囲に知られて、家庭や職場を失う前に決断しましょう。
それでも、どうしても自己破産できないんだという方の多くは、保証人に迷惑をかけられないと考えておられます。
また、住宅ローンがある方も踏み切れません。
借金苦から救済してくれる自己破産も保証人や家は、守れません。
専門家の力を借りて、任意整理や民事再生など他の方法も探ってみて下さい。

 <  前の記事 自己破産の手続きと問題点とは  |  トップページ  |  次の記事 夜逃げをするより・・・  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/16070

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理 ~借金に苦しまないために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。