Top >  債務整理とは >  破産の申立てと免責の申立て

破産の申立てと免責の申立て

以前は、破産の申立てと免責の申立ては別物だったようですが、平成17年からは破産の申立てをした人は、免責の申立ても行なったとみなされるようになりました。
ですので、破産の申し立て1度で免責の申し立てにもなりますので、1度の申請でよくなったようです。
切手代は、80円切手×(債権者数+若干数)他に必要に応じて納付します。
余納金は、免責が決定した際に官報広告の掲載費用などに当てられます。
以上の費用は、あくまでも家財道具以外に財産といえるものが無い場合です。
(財産が有り破産手続開始となり管財人が入ると、さらに20万円~50万円ぐらいの費用がかかります。)
東京地方裁判所をはじめ他の裁判所もほぼ3万円前後と考えておけばいいのではないでしょうか。
あと、申立てに必要な住民票や戸籍謄本などの申請費用が必要ですし、破産事件受理証明、免責決定確定証明の申請手数料も必要に応じてかかります。

 <  前の記事 費用のいろいろ  |  トップページ  |  次の記事 専門家に依頼した場合は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/16064

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「債務整理 ~借金に苦しまないために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。